猫の習性を考慮してから雑草取りを実施~安全な庭整備方法~

愛猫を守りながら庭の景観を良くする方法 愛猫を守りながら庭の景観を良くする方法

猫の安全を守る雑草処理~景観も同時に保つ手段~

庭先の景観を良くするために、雑草取りや芝刈り、間伐を行なうのは有効ですが、方法によっては愛猫を危険にさらす恐れがあります。特に薬剤を用いた雑草対策をするのなら、猫の習性を十分に理解した上で行なうのが望ましいです。

庭の雑草対策の基本

ガーデニング

生命力が強い雑草の対策は、「抜く」「枯らす」「防ぐ」の3種類の方法を活用するのが基本です。根っこまできれいに除去する草取りや薬剤の力で枯らせる除草剤、また防草シートを使用して種子に日光を遮る対策を施せば、着実に雑草が生えにくくなります。これらの作業を自力で行なうのも良いですが、きれいに仕上げたい場合は、専門業者に頼るのも有効な手段です。

景観と猫を同時に守る雑草対策

雑草取りや芝刈りの作業回数を減らしたいと思っている人は多いでしょう。こちらでは、庭の景観も良くし、猫の安全にも考慮した効果的な対策方法を紹介します。

雑草が生えてこないようにしたいのですが、どんな方法がありますか?
除草剤を散布すれば、雑草が生えにくい庭に整えられます。今生えている雑草だけでなく、地面にある種子にも除草効果をもたらしてくれますが、育てている植物や子供、ペットにも影響を与えます。安全な方法を利用したいなら、防草シートを地面に敷きましょう。防草シートは、日光を遮断するので、種子の発芽を抑制します。また、砂利と一緒に敷き詰めると庭の景観が良くなりますよ。

猫の習性を理解した行動

自宅で猫を飼っている場合は、除草剤を用いた雑草対策は細心の注意が必要です。猫は、毛づくろいで体内に溜まった毛玉を吐くのと、胃腸の調子を整えるために草を口にしたり手足に付着したもの舐めたりするからです。猫の安全のために、薬剤散布場所の印付けをするか、雑草対策中は屋内から出さないようにしましょう。

雑草対策の後にやりたい猫への配慮~毛玉吐きをしやすくする~

猫ちゃんの体内に溜まってしまう毛玉を何とかしたいなら、専用のケアグッズを使いましょう。ケアグッズを用いた定期的な毛玉対策を行なえば、胃の中に毛を蓄積させにくくなるので、毛玉吐きの回数を減らせます。

猫草を与えよう

雑草取りや防草対策を施した後は、愛猫のために猫草を植えてみるといいです。猫草なら、毛玉ケアや腸内環境を整えるのに適しています。猫草は、ペットショップやホームセンターで販売されているおり、種から育てるタイプと既に生長しているタイプの両方が扱われています。販売価格と管理のしやすさを十分に考慮してから購入しましょう。

猫草以外の毛玉吐き

猫によっては、毛玉ケア用の猫草を好んで食べないケースもあります。そんな猫ちゃんのために、毛玉対策用の餌を与えるか、毛球除去剤を使用しましょう。糞と一緒に体内に溜まった毛玉を排出できます。また、体内に毛を溜めさせないために、マメにブラッシングを施すと、無駄な体毛を除去できるので毛玉ができにくくなります。

TOPボタン