毛玉ケア用の猫草を用意~雑草取り後に猫が喜ぶ草を購入~

愛猫を守りながら庭の景観を良くする方法 愛猫を守りながら庭の景観を良くする方法

雑草処理後の毛玉吐き~猫が喜ぶ猫草を買ってあげよう~

庭の雑草取りや芝刈りをした後、猫が食べる草をどうしようか考えてしまうでしょう。そんな時こそ、猫草を購入すべきです。ただし、猫によっては好んで食べたり食べなかったりするので、様子を見ながら色んな草を与えてみましょう。

庭の雑草がない!猫の毛玉吐きを解決

実は、猫が草を食べる理由は、正確に解明されていません。一説では、毛づくろいで飲み込んでしまった毛の塊を尖った草の葉が胃の中を刺激しておう吐感を誘発していると言われています。あるいは、胃の中に溜まった毛の影響で生じる便秘を予防するために食べるとも言われているのです。説は色々ありますが、少なくとも健康を維持するために口にしていると考えられています。

猫が喜ぶ猫草の種類

雑草の中にも、猫草の代用品となるものがあります。その辺に生えているものもあるので、猫草を購入する手間を省きたい人は必見です。

燕麦
イネ科のカラスムギ属に分類される穀物で、オートムギ・オーツ麦・オート・マカラスムギと色んな別名が存在します。猫は、燕麦の新芽を好んで食べる習性を持っているでしょう。これらは、ペットショップでも猫草として販売されています。
エノコログサ
日本のいたるところに自生しているイネ科のエノコログサ属の一年草です。一般的には、猫じゃらしとも呼ばれています。猫草として活用できるのは勿論、独特のしなりがあるので猫の遊び道具としても活用できます。

食べ過ぎに注意

毛玉ケアのために、猫草を与えるのは猫の健康維持のために欠かせませんが、過剰に与えすぎるとおう吐の頻度が増えてしまいます。特に、子猫や高齢猫は、消化能力が弱いため、与えすぎは禁物です。また、体調が悪くても、草に含まれている栄養を補給しよう無理に食べようとすることもあります。猫の年齢や体調に見合った量を与えるようにしましょう。

TOPボタン