草取りや芝刈り後に行なう工夫~猫が過ごしやすい庭つくり~

愛猫を守りながら庭の景観を良くする方法 愛猫を守りながら庭の景観を良くする方法

景観の良い庭は猫も過ごしやすい~作業のルールを知っておこう~

庭

雑草取りや間伐後、ちょっとした工夫を凝らせば雑草対策の頻度を減らせ、景観が良くなるだけでなく猫にとっても快適に過ごせる庭に整えられます。敷き詰める前に、芝の手入れ方法や砂利の選び方を把握しておくと失敗しにくいです。

効率よく庭の手入れを進める

雑草対策目的で、芝や砂利を庭に敷き詰めるなら、芝の手入れや砂利の選定方法を知っておくと、後々便利です。

芝刈りのルール
芝刈りを行なう際、意識すべきことは3分の1ルールです。芝の茎部分には茶色いと緑色の境目があり、その部分が芝の生長点となっています。もし、茎部分まで刈り取ってしまうと枯れる恐れがあります。庭の芝をきれいな緑色を長く維持し続けるために、定期的に行なう芝刈りは全体に対して、3分の1以内の長さに抑えましょう。
砂利選びのルール
庭に敷き詰める砂利には、色んな種類があります。敷き詰める範囲によって、購入金額が大きく変動する場合もあります。また、色合いによっては掃除の手間がかかるものもあります。庭に敷き詰めるなら、砂利が持つ色合いや形状の特性を理解した上で、自宅の外観にピッタリな色合いと形状のものを選びましょう。

猫が過ごしやすい庭にする

庭の雑草取りや間伐を行なうなら、温度や地面の感触に敏感な猫のことを考慮しましょう。裸足で屋内外を歩き回る猫のために、温度上昇が少ない天然芝を敷き詰めれば、日光が激しく差し込む時期でも快適に過ごせます。また、裸の地面だと、小石や木の破片でけがをする恐れがあります。天然石材や疑似木を敷き詰めれば、肉球を傷つけずに済むでしょう。

TOPボタン